スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミッションを生きる
今日は「1/4の奇跡」の入江監督の第2作「光彩の奇跡」を観に京都へ行ってきました。これで3度目になります。監督の講演もあったんですが、監督は何をやっても本当には心が満たされていないことに気づいた時、ミッションを生きようと「天が期待することを私に実現させてください!」ってずっと祈っていたそうです。そして、過去の自分と向き合い、ありのままの自分を受け入れた時、感謝が溢れだし、「宇宙に感謝の量を増やす映画をつくる」というメッセージがやってきたそうです。
頭で考えて無理だ難しいと躊躇せず、心の奥の衝動のままに進むことで映画をつくりあげてこられました。
天が望むことを感じるっていうのは、自分の心の声に耳をすまし、心の声を聴くっていうことと同じなのかもしれないなあと思いました。宇宙と繋がるっていうのは、どこか遠くの天のことではなくて、自分の心の奥、心の中心と繋がるってことなのかもしれないなあと、なんとなくそんな気がしてきました。
自分の心のワクワクを大切にしたいなあと思います。それが自分の役割(ミッション)を楽しんで生きるってことになるのかなあなんて思います。

コメント

管理者にだけ表示を許可する


Copyright © くぼっち虹ことば. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。