スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『光彩~ひかり~の奇跡』
『1/4の奇跡』の入江富美子監督の第2作目『光彩~ひかり~の奇跡』の初上映会が今日、大阪でありました。今回はカラーセラピストの寺田のりこさんという方を追ったドキュメンタリーなんですが、寺田さんは末期の糖尿病で余命を宣告され、右目を失明し左目もほとんど見えない状況で、とても色鮮やかな癒しの絵を描かれるようになります。映画の中でどんどん寺田さんが変わっていかれる様子が描かれています。今まで、人の為にやらなければ!と力が入っていたのが、「ありのままの自分でいいんだ。」と殻を脱ぎ捨てていかれる様子がはっきり見てとれます。まるでそう変化されるのがわかっていたかのように、変化されるより前から撮影が始められてるんです。こんなドキュメンタリー映画は初めて観ました。今までにはない映画だと思います。うまく説明できませんが、とても深くて、心の奥に残る映画です。

コメント

管理者にだけ表示を許可する


Copyright © くぼっち虹ことば. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。