スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SWITCH&1/4の奇跡 上映会
今日もいい天気ですね。

コツコツと続けてきた路上での書き下ろし、150回を越えました。

次は200回を目指してがんばります♪

今日は、JR草津駅東口の歩道橋の上の広場にて、13時から18時ごろまで書き下ろしさせていただきます。


今月16日(土)は滋賀県の米原市で行われる映画上映会で、書き下ろしをさせていただきます。

素敵な映画ですのでお近くの方は、ぜひ観に来てくださいね。

以下詳細です↓

2011/4/16(土)

●時間
14:00~開場
14:30~16:00 SWITCH 1回目上映
16:15~17:55 1/4の奇跡 上映
19:00~20:30 SWITCH 2回目上映

●場所 米原公民館 米原市下多良3-3 TEL0749-52-2240

●入場料 SWITCH 前売り大人800円 中高生500円 当日大人1000円 中高生700円 小学生以下無料 1/4の奇跡 前売り、当日共500円 小学生以下無料

●主催 ハートフルプロジェクトinびわこ 
●申し込み 山岡弘治(ヤマオカ携帯090-2684-9874 FAX0749-52-4816)轟(トドロキ090-1137-6394)
E-mail heartful.project.in.biwako@gmail.com
☆参加ご希望の方は、電話申し込みまたは、FAXかメール申し込みの後お振込みをお願いします。振込み票がチケット代わりとなりますので、大切に保管して、当日お持ちください。

●振込先 ゆうちょ銀行 記号14640 番号5201681 名義 轟実枝(トドロキミエ)

☆スタッフ募集中 スタッフしてくださる方は轟までご連絡ください。090-1137-6394

●映画の内容

「村上和雄ドキュメンタリーSWITCH」

【村上和雄博士の物語】
人間の遺伝子には、1000文字×1000ページの百科事典約3200冊分の情報が入っていると言われています。

しかし、私たちは生涯、その数パーセントしか使っていないことが様々な研究の結果により明らかになりました。

バイオテクノロジーの世界的権威・村上和雄博士は言います。
「眠っている遺伝子のスイッチをオンにすれば、人間の可能性は無限大だ」と。
では、私たちの遺伝子は、いかにしてオンになるのか。村上博士の研究の軌跡と、苦難の中で花開いた人間の可能性を追ったドキュメンタリーです。


【鈴木順子さん・もも子さん親子の物語】
「生かされていることを知るとき、私たちの遺伝子はオンになる」2005年に起きたJR福知山線の列車事故は、多くの犠牲者を出し、事故から5年以上が経った今も、当事者のみならず、たくさんの人の心に傷を残しています。

そんな中で、人々に勇気を与えている女性がいます。
最も被害のひどかったと言われる2両目に乗っていた鈴木順子さんです。
順子さんはこの事故で、脳に重度の障害を受けました。
しかし、彼女は、母・もも子さんをはじめとする家族の愛の中で、驚くべき回復を遂げます。愛と笑いが遺伝子をオンにした奇跡の物語です。


【入江富美子さんの物語】
「スイッチをオンにして、それぞれのミッションを生きる」子どもの重度のアトピーとの長い闘いに疲れ切り、さらに夫の会社が倒産。
そして自身は流産してしまう…。
そんな人生のどん底とも思える状況の中で、自分のミッションを知った1人の女性がいます。

映画『1/4の奇跡』の監督、入江富美子さんです。ごく普通の主婦だった彼女に、一体何が起こったのでしょうか。
「宇宙に感謝の量を増やす映画をつくる」というミッションを果たすべく、東奔西走する彼女のエネルギーの秘密に迫ります。


「1/4の奇跡~本当のことだから~」
養護学校教諭のかっこちゃん(山元加津子さん)は、学校の子どもたちとの触れ合いの中で、子どもたちの持っている素晴らしい性質や力に出会う、それは私達人間を支えている、見えないけれど大きな力、生かされている“いのち”その尊さを知ることでもあった。

コメント

管理者にだけ表示を許可する


Copyright © くぼっち虹ことば. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。