スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
優しさの花
今日は、上映会の準備でチラシとチケットを持って草津へ。
夕方、少しだけ草津駅東口にて書き下ろしさせていただきました。

書き下ろしや、竹あかり、上映会のおかげでいただくご縁があり、本当に有り難いです。

最近、すごく感じるのは、みんな心の奥にいろんな痛みや悲しみを抱えて生きているんだっていうこと。

すごく明るい人ほど、心の奥に悲しみや痛みを抱えていたりしますよね。

でも、その抱えた痛みや悲しみがあるから、その人の強さや優しさになっているんだなあって思います。

僕にも、癒えない痛みや傷があるし、でもそれがあるから、今の自分がいるんですよね。

だから無駄なことなんて何一つないんだって思います。

今、辛い思いをしている人も、いつかその経験が意味を持ってくる日があると思うし、何より、同じ痛みを抱える誰かの気持ちに寄り添えるから。
それは優しさに変わる。

自分を大切にしていこうね。


『抱えきれない

痛みだって

だいじょうぶ

だいじょうぶ

自分に水をあげよう

痛みの種も

優しさの花に

変わるから』




☆上映会まであと17日☆

ドキュメンタリー映画『107+1~天国はつくるものpart2』上映会&てんつくマントークライブ

日時:12月18日(金) 16:30開場 てんつくマン書き下ろし
18:00上映
20:20てんつくマントークライブ
21:20 終了
会場:高島市藤樹の里文化芸術会館 (JR安曇川駅下車徒歩10分)
料金:一般前売り1000円 当日1300円
中高生 障がい者 前売り 500円 当日800
小学生以下無料

問合わせ:
samue-de.7rin@ezweb.ne.jp(久保)

コメント

管理者にだけ表示を許可する


Copyright © くぼっち虹ことば. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。