スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごみ拾い旅7日目~ 旅の意味を思い出す~
20090925224945
20090925224942
ごみ拾い旅7日目無事終了です。
米原市まで来ました。
高島市を出発して7日、琵琶湖の対岸までたどり着くことができました。

とっても単調な作業が続きます。
一歩一歩あるく。
1つ1つ拾う。
進んでは戻る。

今日、歩いた所もたくさんのごみが落ちてありました。
とても拾いきれません。
拾える範囲で拾って先に進んでいます。

僕が拾った後にも、またごみが捨てられるんでしょう。

一見無駄なことをしているのかもしれませんが、決して無駄ではないと思っています。
後でまたごみが捨てられて、拾う前と物質的には同じ状態になったとしても、拾うという行為を通して僕が得たものは消えないと思うので。

単調なハードな作業の繰り返しの中で、何の為にこんなことしているのかと思ったりしますが。

自分に自信をつける為の挑戦と思って始めた旅ですが、何かすっきりしなくて、歩きながらいろいろ考えてて思ったのが、『魂を磨くため』。
何か心にストンと落ちるものがありました。
そして、それってこの旅だけのことじゃないよなあと思った時に浮かんだ言葉が、

『魂を

磨くため

この地球(ほし)に

生まれてきた』

でした。

シンプルな言葉ですが、ストンと心に入ってきて、遠い記憶を思い出したような気がしました。

そして、しばらく歩いていて、バチン!と入ってきたのが、

『すべては

魂を

磨くための

チャンス』

でした。

今、自分に起こっている出来事は、自分の魂を磨くために用事された出来事なんだと思うと、すべてが腑に落ちるような気がします。

これからも学びは続きます。
一歩一歩大切にしていきたいて思います。


『琵琶湖一周ありがとうワクワクごみ拾いの旅、ゴールまであて9日』

コメント

管理者にだけ表示を許可する


Copyright © くぼっち虹ことば. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。