スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その思い込みは100%真実なのか?
きのうは、てんつくマンのワークショップ、アホ学でした。

そこでの気づきをシェアしたいと思います。


僕らは、たくさんの思い込みを抱えて生きています。

「自分はダメだ」とか「自分は人見知りだ」とか「夢は叶わない」とか、人それぞれ過去の経験や、親からの言葉・しつけ、テレビやマスコミなどからの影響で、いろんな思い込みが、潜在意識に記憶されているそうです。

ほとんどのデータは、6歳までにインプットされて、正しい間違いに関係なく、自分の思い込みの基本となっているとのことです。


僕の場合だと、「人前で話すのは緊張する」とか、「自分は人見知りだ」とか、「人が恐い」とか、「自分はそんなに価値のある人間ではない」とか。

いろんな思い込みがあることに気づきます。


でもそれは、

「本当に本当に真実なのか?」

と疑ってみることが大切なようです。


「100%真実なのか?」

「やれることは100%やりきったのか?」

「世界中から情報を集めきったのか?」

と問いかけてみると。

すべて思い込みだったことに気づきました。


本当に本当に、人が恐かったら、人見知りだったら。

人に話しかけることも、外に出ることすら出来ないはずなのに。

だから、それは真実ではなかった。

ただ漠然と、自分は人見知りだ、人が恐いと思い込んでいただけ。

しっかり向き合ってみると、それは嘘だったことに気づきます。


もうネガティブな思い込みは、捨てていこう。

今ある幸せを見つけていこう。

そんな風に思うようになりました。
スポンサーサイト
Copyright © くぼっち虹ことば. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。