スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『天から見れば』上映会
今週の土曜日、7月16日に滋賀県米原市で、素敵な映画の上映会があります。


事故で両腕を失いながらも、口で筆をくわえて絵を描いておられる方を追ったドキュメンタリー映画です。


『1/4の奇跡』の入江富美子監督の第3作目の作品で、当日は入江監督の講演会も行われます。


僕も、書き下ろしでブース出店させていただきますので、お近くの方、ぜひ観に来てくださいね♪


以下詳細です↓

日程 2011年7月16日(土)
開演13:30~(開場13:00)~17:00(予定)

内容 入江監督作品 『天から見れば』上映
入江富美子監督講演会

前売り 1500円(大人1人) 1000円(小学生~高校生1人)4枚セットチケット5000円
当日 2000円(大人1人) 1500円(小学生~高校生1人)
   
会場 米原公民館大ホール(定員450名)
住所 米原市下多良3-3 電話 0749-52-2240 URL http://www4.ocn.ne.jp/~maibara/ 
電車のご利用の場合 JR米原駅西口下車徒歩5分

問い合わせ 
電話:090-2684-9874(やまおか)
090-1137-6394(とどろき) 
E-mail heartful.project.in.biwako@gmail.com


天から見ればあらすじ

南正文(まさのり)
昭和二十六年生まれ。
小学校三年生の春休みに製材業を営む父を手伝っている時、機械のベルトに巻き込まれて両腕を失ってしまいました。

十四歳の時、近所の人のすすめもあり、両親と共に京都の大石順教尼を訪ねました。

大石順教尼もまた、十七歳の時、養父に一家五人を斬殺するという「堀江六人斬り事件」の巻き添えとなり両腕を失います。

十九歳の時、カナリヤが雛を育てるのを見て、口に筆をとることを思いつき、以後、独学で書画の勉強に励み、口で筆をとり絵画・書をえがいていたのです。

順教尼は、南さんの両腕を失ってからの身の上話をすべて聞いた後、南少年を弟子に迎え入れたのです。

そこから順教尼の慈愛に満ちた修業が始まります。

南さんは順教尼の生き方に接して人生に開眼、後ろ向きだった心が大きく転換していきました。

現在、南さんは順教尼の教えを受けて、日本画を描きながら、たくさんの友人に囲まれ楽しく豊かに日々を送っています。

そして、その南さんを支えている妻、弥生さんに何気ない日々の中、感謝しながら、そして思いやりながら生きている夫婦愛もまた、多くの人に、感動を与ています。

大石順教尼の最後の弟子であり、教えを引き継ぐ南正文(まさのり)さんから「どんなできごとも自分の考え方しだいでよきことになる。」

大石順教尼の教え「禍福一如」(かふくいちにょ)の人生が溢れだしているのです。

この映画はドキュメンタリーと再現ドラマで構成されます。



午前中同じ会場で、1/4の奇跡の上映会もあります。
場所 2階研修室AB時間10:00~ 費用前売り 500円 当日800円

詳細はホームページをご覧下さい

http://www.yonbunnoichi.net/kanrenevent/013001.php
スポンサーサイト
Copyright © くぼっち虹ことば. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。