スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は大津市浜大津アーカスのフリマで書き下ろし出店させていただきました。
小雨がパラついたりしましたが、なんとか最後まで持ちこたえてくれました。
フリマは先週の奈良健康ランドに次いで二度目です。
実は、先週のフリマでは緊張のあまり手が震えて、ひどい字だったんです。
そして、今日もまた手が震えていました。
どうしようもなく手が震えて、力が入って、手が思うように動かなかったんです。
歯がゆかったです。
でも、なんとかしたい!と自分自身に言葉を贈りました。
『ピンチはチャンス。楽しんだ時、ピンチはチャンスに変わる』
『すべてはネタづくり。失敗してもネタづくり、恥をかいてもネタづくり。』
『何度でも出直せばいい』
人から教わった言葉を自分に贈り、何度も仕切り直し、とにかく楽しもうとしました。
気づいたのは、人からどう見られるだろうと、人の目を気にしていると自意識過剰になり、自分に焦点が当たっている状態。
人を元気にしようという思いに集中していると、目の前の人に焦点が当たっている状態。
この違いで、自分のことばかり考えていたから、余計な事に気がいってたんだなあと思いました。

そうこうしてるうちに、次から次へとお客様さんが座ってくださり、余計な事を考えてる間もなく書かせていただけることに。
だんだん力が抜け、伸びやかな字が書けるようになっていました。
結局、お昼ご飯も食べる間もなく、10時から15時半まで62枚書かせていただきました。
本当に有り難いことです。
今日、一番の収穫は、枚数とか収入とかじゃなく、同じ1日の中で、手の震えを克服できたことです。
朝の自分と午後の自分、同じ僕という人間なのに、心のあり方で全然違う字を書くんですね。
1日の中でそれを体験できたのは、とても大きな財産だと思います。
本当に有り難い1日でした。
感謝感謝です。
スポンサーサイト
Copyright © くぼっち虹ことば. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。