スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/4の奇跡
今日は神戸でと~っても素敵な上映会がありました。『1/4の奇跡』(よんぶんのいちのきせき)というドキュメンタリー映画です。これは山元加津子さん(かっこちゃん)という養護学校の先生と障がいをもった子の心の触れ合いを通して、「一人一人違ってていい。人はみんな理由があって生まれてくる。その一人一人が大切なんだ。」というかっこちゃんの思いが、すっごく心に染み込んできて、とても幸せな気持ちになる映画です。「すべてのことはいつもいつもいつかのいい日のためにある」
ずっと感動しっぱなしでした。心が温かくなります。この映画をもっとみんなに観てもらいたいと思いました。温かいものがもっと広がっていけばなあと思います。ぜひ高島で上映会をやりたいと思います。
本当に素敵な一日でした♪ありがとうございます。
スポンサーサイト
器のはなし
今日は朝から大津市の「土鍋かふぇ楽ちゃん」という所でイベントがあったので行ってきました。「土鍋かふぇ楽ちゃん」は古民家で自然な食事を味わいながら、食や六ヶ所村の原発のことなど、いろんな話を聴くことができます。今日は器、食器の話が中心でした。一般の大量生産される食器には、食品添加物のように、不自然で安全でないもの、鉛とかが含まれてたりするそうです。今日は、本当に安全な器をひとつひとつ作っておられる陶芸家の方が、たくさんの食器を持ってきてくださいました。僕は陶芸のことは全くわかりませんが、なんかその器たちのそばにいると落ち着くし、触ってみると安心感がありました。百均のお皿ならこんな感覚はないだろうなあと思いました。陶芸家の方も素朴ないい感じの人でした。気に入ったお茶碗をひとつ買いました。作った人の顔や人柄がわかるって安心だなあと思いました。自然な器をひとつ使うことで、そこに盛る食についても見直していくきっかけになるんじゃないかなあと、そんな気がします。
夕方からは地元に戻り「風人の祭」の打ち上げでした。一品持ち寄りで気軽にワイワイと、祭りのビデオを観たり、子どもたちと遊んだり。楽しいひとときでした♪
Copyright © くぼっち虹ことば. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。